東洋医学の基本「五行説」について

五行の関係

自然界の万物を木・火・土・金・水に当てはめる

「五行説」とは中国古代の理論で、この世界に存在するすべてのものに「木・火・土・金・水」(もく・か・ど・こん・すい)の5つの要素に当てはめ、それが互いに助け合い、また抑制し合っていくという運動法則で東洋医学の基本と言える思想です。

これらの要素の相互の間には、互いに助け合う「相生関係(そうせいかんけい)」、また、互いに抑制する「相剋関係(そうこくかんけい)」があり、人間の身体の臓器もこの五行の要素に当てはめ、東洋医学における病気治療に役立てられています。

相生関係と相剋関係

◆相生関係

【木】→【火】木を摩擦すると火が生じる。
【火】→【土】木が火で燃え尽きると灰、すなわち土ができる。
【土】→【金】土の中から金属を得る。
【金】→【水】金の表面は湿度で水を帯びる。
【水】→【木】水は木を育てる。

◆相剋関係

【木】→【土】木は土の栄養分を吸収して成長する。
【火】→【金】火は金属をも溶かす。
【土】→【水】土は堤防を造り、水の流れを止める。
【金】→【木】金属で出来た斧は、木を倒す。
【水】→【火】水は火を消す。

五行と五臓六腑

東洋医学では内蔵のうち、中身が詰まっている主要な5つの臓器-「肝」「心」「脾」「肺」「腎」を「五臓」といい、また、内臓のうち中身が空洞上の5つの臓器-「胆」「小腸」「胃」「大腸」「膀胱」、そして内臓を収納する胸腔・腹腔の合体「三焦」を加えて「六腑」とし、東洋医学では内臓の総称として「五臓六腑」といいます。

五行をこれらの臓腑に当てはめると、木は肝・胆、火は心・小腸、土は脾・胃、金は肺・大腸、水は腎・膀胱に対応し、相生関係でいうと、肝(木)の働きは心(火)を補い、同様に心(火)は土(脾)を補います。そのため、肝が病むと心も弱ります。また、相剋関係では、肝(木)が強まると脾(土)を弱らせ、脾(土)が弱ると、抑制される側の腎(水)は強くなります。先程の五行の図に当てはめると以下のようになります。
gogyo-gozouroppu1

このように、五行説では、それぞれ5つの生理機能が相生・相剋のメカニズムによって調和を保ちながら健康が維持されるという生理モデルで、このバランスが崩れると未病(※1)が始まり、さらに悪化し、お互いの助け合いの関係がより崩れる時に、東洋医学では「病気」がスタートすると考えられています。

(※1)未病とは…何らかの自覚症状があるのに、病院で検査をしても病気と診断されず、まだ「発病」前の段階の状態を、東洋医学では「未病」と呼んでいます。

未病の段階から対処

このような五行のメカニズムを元に、東洋医学では弱まった要素に対してコントロール強化をはかり、バランスを回復させて、今体で起きている変調を正常な状態へ戻すといった考えで治療にあたります。簡単に言ってしまうと何事もバランスが崩れるとどこかに歪みが発生するということですね。

病気になったら病院に行くのは当然ですが、日々の生活で栄養バランスの良い食事を摂り、バランスのいい生活をして、病気と診断されてしまう前の「未病」の段階から健康な身体に戻すことを目指し、病院のお世話にならなくてもいい健康な身体づくりを心掛ける、それが東洋医学の基本的な考え方であり予防医学とも呼ばれる由縁といえます。

参考文献:「実用東洋医学」(池田書店)/根本幸夫氏 著)

Advertisement

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA